[音]ソウ(サウ)(漢)
[訓]つくる きず はじめる
1 刃物による傷。「創痍(そうい)・創傷/金創・銃創・刀創」
2 初めて作り出す。はじめる。「創意・創刊・創業・創作・創始・創造・独創」

経済価値のある
コンテンツを創成し続け
人間の進化に貢献

コンテンツに経済価値を取り戻す
現代のコンテンツの供給と広告ビジネスは“過剰性の時代”に突入しています。下落してしまったコンテンツの価値を取り戻すために我々は何をすべきか?そろそろ真剣に考えてもいい時期だと、私たちは考えてます。

希少性の経済から過剰性の経済へ移行し始めたのは、やはりインターネットの存在です。希少なはずのコンテンツが引用や複製が無制限に連なり、結果として価値のヒエラルキー(序列構造)を突き崩してしまっている。 それは誰もが情報発信でき、情報流通が高度化した今、ひとつの情報が他の情報に対する差別性を図ることが本当に難しい時代なったという事です。まさに、消費者に「情報」という雨が大量に降りかかっている状態です。

システマティックな時代に加えインターネットによる情報拡散化社会、そして情報の高速化社会において主流の自動生成ではなく、手動生成していくコンテンツを丁寧に創り上げていく事が、経済価値のあるコンテンツを生み出していくとジェイフィットは考えます。
これからのコンテンツに対する取組み
「考える事の追求」を続け、目に入る情報だけに「任せすぎない」ことで、個人の発想や社会ニーズを豊かにする創造が可能となります。これからコンテンツ(情報)を考える時は、それを忘れずに取り組んでいきます。

休暇のお知らせ